飼育員からの問題!! この鳥は何の仲間でしょうか?
見出し画像

飼育員からの問題!! この鳥は何の仲間でしょうか?

みなさんこんにちは
飼育員の田縁です。

突然ですが問題です!
この鳥は、なんの仲間でしょう??

画像1

正解は、、、

「ハト」の仲間です!
種類は「オウギバト」と言います。

驚いた方も多いのではないでしょうか?
この見た目から、お客様にはクジャクと
間違えられてしまうこともありますが、
外観や動きはハトらしい部分がとても多いです。

今日はこのオウギバトについて紹介します(^^)

2021年3月田縁ブログオウギバト9-thumb-autox1500-6950

■オウギバトとは?

オウギバトはハト目ハト科カンムリバト属の動物で、
ハトの中では世界最大種です。

インドネシアやパプアニューギニア島などに生息しています。
体長は60㎝ほど、体重は約2~2.5㎏です。

頭の上の羽(冠羽)が扇の形をしていることから
「オウギ」バトと名付けられました。

画像3

(写真はオウギバトの冠羽)

■オウギバトの特徴

歩き方も首をクックッと動かしながらドバトと同じように歩き、
とても立派な鳩胸をしています。

画像4

目の色は赤色と、とても特徴的です。

画像5

■飛べる?飛べない?

よくお客様に「飛べるんですか?」と聞かれますが、
体が大きいため大空を羽ばたいて飛ぶ・・・なんてことはできません。
外敵が現れると、数m程飛び上がり木の上へ逃げたりする程度です。
夜間は木の上で休んだりもしています。

画像6

■食事は?

小さな群れで生活をし、地上を歩いて果実や種子、昆虫類などを食べます。那須どうぶつ王国ではキジ用のペレットとリンゴ、バナナを与えています。

画像7

■那須どうぶつ王国のオウギバト、ご紹介♪

那須どうぶつ王国では現在2羽のオウギバトを飼育しています。

画像8

上記写真、左側にいるのが繊細な性格の♂
名前は「ヒナ」
右側にいるのがマイペースな性格の♀
名前は「プアン」といいます。

雌雄の見た目に差はないため、見た目だけでは雌雄がわかりません。

先日、プアンが日光浴をしているとヒナも近くに来て、
一緒に日光浴をしていました(^^)

画像9

(写真 手前:ヒナ、奥:プアン)

とても仲良しな2羽で、今後は繁殖も期待しています。

オウギバトは熱帯の森の足元を歩いているので、
気を付けながら探してみてください。

感謝感激!
那須どうぶつ王国は栃木県の那須高原にある、触れそうなくらい動物達との距離が近いのが魅力の動物園です。 大自然の下で繰り広げられる動物たちの驚きと感動のパフォーマンスの一部や飼育員による動物紹介・裏側などをお届けします♪ https://www.nasu-oukoku.com/