見出し画像

砂漠の天使 スナネコ誕生

みなさんこんにちは。

今回のブログは、今年生まれたスナネコの赤ちゃんをご紹介します。

2020年6月荒川ブログ スナネコ1-thumb-1000xauto-5969

赤ちゃんは、2020年4月27日、シャリフ(♂)と
ジャミール(♀)の間に生まれました。

お父さんの「シャリフ」↓

2020年6月荒川ブログ スナネコ2-thumb-1000xauto-5971

母さんのジャミール↓

2020年6月荒川ブログ スナネコ3-thumb-1000xauto-5973

ジャミールは3頭出産。
先に生まれた2頭は、残念ながら死産でした。

2020年6月荒川ブログ スナネコ4-thumb-1000xauto-5975

一番小さく生まれた3頭目の赤ちゃんは生きていてくれましたが
初産だったジャミールは赤ちゃんを
どう抱いたらいいか分からない様子でした。

巣箱から出てウロウロしたり、戻ってきて赤ちゃんを舐めたり、
落ち着かない様子のジャミール。

時間が経つにつれて、赤ちゃんに低体温や脱水の症状が出始めました。

私たちはジャミールに子育てをしてもらいたかったのですが、
赤ちゃんの命を救うため、取り上げる決心をしました。

取り上げた直後は1分1秒を争う状況。

2020年6月荒川ブログ スナネコ5-thumb-1000xauto-5977

手に持った時にひんやりした感触があり
体温を測ろうとしましたが低すぎて
エラーが出てしまうほどでした。

赤ちゃんはその小さな体で、
弱々しくも一生懸命に呼吸をしており、
この子を救いたい一心で、
獣医師と共につきっきりで治療を行いました。

2020年6月荒川ブログ スナネコ6-thumb-1000xauto-5979

その間も、今すぐに呼吸が止まってしまうのではないか、
なんとか体力よ もっておくれと願うばかり。

時間が経つのが遅く感じました。

取り上げてから約4時間後。
体温が安定しはじめ、顔を上げて大きな声で鳴いてくれました。
その瞬間は本当に嬉しかったです。

2020年6月荒川ブログ スナネコ7-thumb-1000xauto-5981

そしてその日の午後、ミルクを与える為に乳首をくわえさせると、
一生懸命に吸い始めてくれたのです。

最初に飲んだ量はわずか1ccほど。
その1ccを1分以上かけて夢中で飲んでくれました。

こんなに小さな体で、危機を乗り越え生きようとする姿に、
命の尊さを感じずにはいられませんでした。

2020年6月荒川ブログ スナネコ8-thumb-1000xauto-5983

その日から2時間おきの哺乳、排泄の補助や体のマッサージ、
感染症予防等、スタッフが交代でお世話をしました。

日に日に元気に、すくすくと育ち
生後約2週間で目が開きました。

2020年6月荒川ブログ スナネコ9-thumb-1000xauto-5985

目が合った瞬間は何ものにも代え難い感動がありました。

2020年6月荒川ブログ スナネコ10-thumb-1000xauto-5987

目が開いてからは動き回ることも多くなり
好奇心旺盛でお転婆、遊び好きな性格が見えてきました。

力も強くなり、手袋を何枚破かれたか(笑)

そして6月13日一般公開の日を迎え保育器から展示場へ

2020年6月荒川ブログ スナネコ11-thumb-1000xauto-5989

私たちの手の中から皆様の目の前へとステップアップしました。

お転婆な女の子は、スタッフの心配をよそに
皆様へたくさんの愛嬌を振りまいています。

2020年6月荒川ブログ スナネコ12-thumb-1000xauto-5991

まだまだ小さく、気の抜けない日々は続きますが、
皆様もこの子の成長を優しく温かく見守って頂きたいと思います。

そして今の小さく可愛い姿を見て命のあたたかさも感じてください。

2020年6月荒川ブログ スナネコ13-thumb-1000xauto-5993

最後に、王国のスナネコたちへこちらで感謝の言葉を伝えさせてください。

産んでくれてありがとう。
生まれてくれてありがとう。
生きていてくれてありがとう!

飼育員 荒川


これからも、頑張りマヌル!
191
那須どうぶつ王国は栃木県の那須高原にある、触れそうなくらい動物達との距離が近いのが魅力の動物園です。 大自然の下で繰り広げられる動物たちの驚きと感動のパフォーマンスの一部や飼育員による動物紹介・裏側などをお届けします♪ https://www.nasu-oukoku.com/